安定した高齢者医療制度を目指して 愛知県後期高齢者医療広域連合

文字の拡大 音声読み上げ やさしいブラウザはこちらからご利用下さい
文字サイズ

給付・保健事業

給付・保健事業など

高額療養費、療養費、葬祭費などの申請から、給付されるまでの手続きは

高額療養費など、各種給付の申請は、お住まいの市区町村後期高齢者医療担当窓口で行ってください。支給される金額などについては、「支給決定通知書」によりお知らせし、指定された口座に振り込みます。高額療養額の2回目からの該当分については、申請の必要はありません。

それぞれの給付制度につきましては、下記をご覧ください。

療養の給付

被保険者が、病気やけがにより保険医療機関等にかかるとき、被保険者証を提示すれば療養の給付を受けることができます。かかった医療費の自己負担額(原則1割、現役並み所得者は3割)を窓口で支払い、残りの額を広域連合が支払います。

→詳しくはこちら

一部負担金減免等制度

過去1年以内に災害など特別な事由により、著しくその生活が困難となり、収入が一定の基準額以下の方に対して、一定期間内に限り医療費の自己負担額(一部負担金)が軽減されます。

→詳しくはこちら

高額療養費

同一月内に支払った医療費の一部負担金を合算して、自己負担限度額(所得区分等によって細かく設定されます)を超えた部分を支給します。

→詳しくはこちら

高額医療・高額介護合算療養費制度

後期高齢者医療と介護保険の給付を受けた場合、一年間に支払った自己負担額を合算して自己負担限度額(負担区分ごとに設定されます)を超えた部分を支給します。

→詳しくはこちら

特定疾病

厚生労働大臣が指定する特定疾病(人工腎臓を実施している慢性腎不全など)の場合の自己負担限度額は月額1万円です。特定疾病療養受療証が必要になりますので、お住まいの市区町村の窓口に申請してください。

→詳しくはこちら

入院時食事療養費

被保険者が入院したときの食事にかかる費用の うち、決められた金額までは自己負担になります。

→詳しくはこちら

入院時生活療養費

被保険者が療養病床に入院したときは、 食事代のほかに居住費も自己負担になります。

→詳しくはこちら

療養費

次のような場合で医療費の全額を支払ったとき、申請により、支払った費用の一部の払い戻しが受けられます。

  • やむをえず被保険者証を持たずに診療を受けたとき
  • 医師の指示により、コルセットなどの補装具をつくったとき
  • 輸血のために用いた生血代がかかったとき
  • 海外に渡航中、治療を受けたとき

→詳しくはこちら

柔道整復、鍼灸、あん摩・マッサージ施術療養費

柔道整復師(整骨院・接骨院)・鍼灸師等の診療には、被保険者証が「使える場合」と「使えない場合」がありますので、ご注意ください。

→詳しくはこちら

訪問看護療養費

居宅で療養している方が、主治医の指示に基づいて訪問看護ステーションの訪問看護を利用した場合、利用料(訪問看護に要した費用の1割、現役並み所得者は3割)を支払い、残りの額を広域連合が支払います。

移送費

負傷、疾病等により、移動が困難な患者が医師の指示により一時的、緊急的な必要性があって移送された場合に、やむを得なかったと広域連合が認めた場合に限り移送費を支給します。

→詳しくはこちら

保険外併用療養費

保険が適用されない療養を受けると、保険が適用される部分があっても全額が自己負担となります。この場合でも、医療技術の進歩や患者のニーズの多様化に対応するため、一定の条件を満たした場合は、通常の治療と共通する部分(診察、検査投薬、入院料)の費用については保険が適用されます。

→詳しくはこちら

葬祭費

被保険者が、お亡くなりになったときは、葬祭をおこなった方に葬祭費として5万円を支給します。

→詳しくはこちら

交通事故にあったとき

交通事故など第三者の行為によってけがや病気をした場合でも、届け出により後期高齢者医療で医療を受けることができますので、お住まいの市区町村の窓口に申請してください。

→詳しくはこちら

医療費通知

被保険者の方が医療を受けた状況を確認できるよう、受診された医療機関等を一覧にして、年3回はがきでお知らせをしています。
(「お知らせ」であり、請求書、振込通知ではありません。)
送付月と掲載される診療月は以下のとおりです。
 7月送付:12月〜3月診療分
 11月送付:4月〜7月診療分
 3月送付:8月〜11月診療分

保健事業実施計画(データヘルス計画)

被保険者みなさんができる限り長く自立した日常生活を送ることができるよう、効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るため、保健事業実施計画を策定しました。

・保健事業実施計画(PDF 1MB)

健康診査

糖尿病等の生活習慣病を早期に発見し、重症化の予防を図るため、年1回の健康診査を実施します。

→詳しくはこちら

協定保養所利用助成事業

被保険者みなさんの健康の保持増進を目的に、協定保養所に宿泊した場合の助成を行っています。

→詳しくはこちら

後期高齢者医療制度における各種給付の申請はお早めに

後期高齢者医療制度における各種給付を受ける権利は、2年を経過したとき、時効によって消滅しますので、ご注意ください。
なお、時効の起算日については、給付の種類により異なります。

(代表的な事例)
◎コルセットの購入費用・・・費用を支払った日の翌日
◎葬 祭 費・・・葬祭を行った日の翌日


詳しくは、給付課までお問い合わせください。

不正行為について

調査及び審査の結果、不正行為の疑いがあると判断した場合には、警察と連携して厳正な対応を行います。また、不正行為事例に係る情報として厚生労働省へ報告し、各保険者、都道府県及び地方厚生(支)局に対して情報を提供します。

事例
・はり・きゅう施術療養費の不正受給について(PDF:108KB)

  • 申請書等様式
  • お住まいの市区町村窓口
  • 公告物・議会関係・入札情報・予算・決算、財政状況・人事行政の運営等の状況 等

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
アイコンをクリックするとダウンロードサイトへジャンプします。

Copyright © 2010 愛知県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.