安定した高齢者医療制度を目指して 愛知県後期高齢者医療広域連合

文字の拡大 音声読み上げ やさしいブラウザはこちらからご利用下さい
文字サイズ

給付・保健事業

療養の給付とは

被保険者が、病気やけがにより保険医療機関等にかかるとき、保険証を提出すれば療養の給付を受けることができます。費用は、かかった医療費の自己負担額(原則1割、現役並み所得のある方は3割)を窓口で支払い、残りの額を広域連合が保険医療機関等に支払います。

お医者さんにかかるときの自己負担は?

 被保険者の方がお医者さんにかかるときは、医療費の一部を自己負担することになります。  自己負担の割合は、世帯の前年の所得をもとに、8月から翌年7月までの判定をします(毎年、所得の状況により判定します)。ただし、判定後に所得更正(修正)があった場合は、8月にさかのぼって再判定します。

  • ※ 世帯員の異動(死亡、転入、転出など)があったときは、随時再判定を行い、割合が変わる場合があります。割合が変わる場合は、原則、異動のあった月の翌月から適用されます。

医療費の一部負担の区分は?

一般の方…1割負担

:以下の現役並み所得のある方、区分II、区分Iに該当しない方。

現役並み所得のある方…3割負担

:同一世帯に市町村民税の課税所得が145万円以上ある被保険者の方がいる世帯の方。

前年12月31日現在で同一世帯に19歳未満の方がいる世帯の世帯主であった被保険者の方については、前年中の合計所得が38万円以下である19 歳未満の方の人数に応じて、課税所得から以下の金額の合計を控除した金額で、一部負担金の割合を判定します。
  ・同一世帯の16歳未満の方の人数 ×33万円
・同一世帯の16歳以上19歳未満の方の人数 ×12万円

区分II…1割負担

:市町村民税非課税世帯で、区分Iに該当しない方。

区分I…1割負担

:世帯全員の各種所得(公的年金は控除額を80万円で計算)が0円の方。
または、世帯全員が市町村民税非課税で、被保険者本人が老齢福祉年金を受給している方。

3割負担と判定されても、以下のいずれかに該当する場合は1割負担となります。

現役並み所得のある方(3割負担)と判定された場合でも、(1)から(4)のいずれかに該当するときは「一般」(1割負担)の負担区分が適用されます。((1)から(3)は申請が必要です。)
また、(4)については、平成27年1月以降の療養について、適用される条件です

(1)被保険者の方が1人の世帯

…被保険者の収入額が383万円未満のとき

(2)被保険者の方が1人で、その被保険者の収入額が383万円以上であって、かつ同じ世帯に後期高齢者医療制度以外の医療保険に加入している70歳から74歳の方がいる世帯

…被保険者と、70歳から74歳の方の収入額の合計が、520万円未満のとき

(3)被保険者の方が2人以上いる世帯

…被保険者の収入額の合計が520万円未満のとき

(4)昭和20年1月2日以降生まれの被保険者の方がいて、かつ被保険者全員の旧ただし書所得の合計が210万円以下である世帯
収入額とは所得税法に規定される収入金額であり、必要経費や各種控除などを差し引く前の金額となります。(所得金額ではありません。)
なお、退職所得に係る収入及び市町村民税の課税対象とならない収入(障害または遺族に係る年金・恩給、災害慶弔金等の非課税所得に係る収入)並びに特定口座(源泉徴収あり)を選択し確定申告に算入していない配当及び株式等譲渡所得金額に係る収入については、収入額に含まれません。
<上場株式等の譲渡損失を損益通算または繰越控除するため確定申告する方はご注意ください。>
上場株式等の譲渡損失を損益通算または繰越控除するため確定申告した場合、ここでいう収入額とは、株式の譲渡益ではなく、売却代金となります。よって、市町村民税の課税所得が145万円以上となる被保険者の方で、株式譲渡益がマイナスになったことにより、損失等の申告をする場合、収入額としてはプラスの金額が生じることとなり、基準収入額適用申請の要件には該当せず、医療費の自己負担割合が3割負担のままとなってしまう可能性があります。
旧ただし書所得とは、所得金額から33万円を控除した金額です。
所得金額とは、収入金額から必要経費を差し引いた額であり、収入が公的年金収入のみの方は(公的年金収入額−公的年金等控除額)が所得金額となります。

 

 
  • 申請書等様式
  • お住まいの市区町村窓口
  • 公告物・議会関係・入札情報・予算・決算、財政状況・人事行政の運営等の状況 等

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
アイコンをクリックするとダウンロードサイトへジャンプします。

Copyright © 2010 愛知県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.